気になる包茎手術の術後…ビフォーアフターを徹底解説

包茎手術を受けた後には変化があって当然です。勇気を出して手術に踏み切り、得られるメリットは少なくありません。恐怖や気恥ずかしさからなかなか治療をすることに踏み切れない人も多いですが、実際に術後の変化を体感してやってよかっただとか、もっと早く行うべきだったなどという感想を持つ男性は多いです。見た目の変化とともに、今まで比較して違った感覚が生まれたり、包茎手術の後だけに痛みや不快感があるのかどうかが気になるところです。実際にどのような変化があるのか、具体的に比較対象を知っておくと包茎手術を行う前に備えることができます。

包茎手術の後体にはどのような変化が起こるのか

包茎手術に限らず、様々な治療を行うのにはメリットとデメリットが存在します。手術前と比較して良い点と困ったことがあるのは当然です。包茎手術後によく現れる症状として、腫れやむくみが挙げられます。たいていは包茎手術の後2日から3日がピークで、その後2週間から3週間をかけて落ち着いてくる人が多いです。腫れやむくみの回復には個人差があり、もっと早く回復する人もいれば、3週間以上腫れが目立つ人もいます。

包茎手術は外科的治療が基本となるため、術後には傷跡が残るのも避けられません。包茎手術を専門として行っているクリニックなどでは、術後の見た目に配慮して目立たない部分に切開ラインが来るように治療をすることもできます。ただ、傷跡が全くない状態で手術を終えることは難しいと言えます。傷が少しずつ癒えて自然な仕上がりになるまでは、おおむね3ヶ月ほどかかるのが通常です。

具体的な例で言うと、包茎手術を終えて家に帰宅すると、術前と比較してさすがに少し違和感を覚えます。ただまだその日なら麻酔が効いていることが多いため、痛みは無いことが多いです。術後2時間ほどすると、チクチクとした痛みを感じることがあります。ただこのときの痛さは我慢ができないようなレベルではなく、少し不快なだけで他のことで気が紛れていれば気にならない程度です。

たくましい男性自身を手に入れる少しの代償

包茎手術を終えてほとんどの場合、術前と比較すると男らしい、たくましい見た目に変化します。不思議な誇らしさがあり、自信を深める男性が多いです。ただまれに長い間傷跡が残ることもあり、修正術が必要になることもあります。

比較すると感覚にも変化が見られますが、突っ張っているように感じる男性も少なくありません。亀頭部分がピリピリするような変化を感じる人もいます。突っ張っている感覚は傷が治るのに比例して落ち着いてきますが、中には切開の量が多く強い張り感がなかなか消えない人も存在しますが、そのようなパターンは稀です。

包茎手術の後は亀頭を被っていた包皮がない状態なので、常に直接的に外的刺激を受けることになります。下着がこすれただけでも術前と比較すると敏感に察知するようになり、特に真性包茎の人は慣れるまでに時間がかかることもしばしばです。このような人でも、刺激に少しずつ慣れさせていき強くなれば、解消されていきます。

自慰行為も以前と比較すると異なった感覚になります。包皮をスライドさせるような手法で行っている人が多いですが、包茎手術の後は余った皮が少なく、できなくなる人がほとんどです。新しい方法に慣れると気にならなくなるため、少しの間の辛抱です。

包茎手術を終えた翌朝以降の具体的変化

]包茎手術を終えた翌朝にも、まだ違和感は残っています。痛みは特に感じないことが多く、この場合は痛み止めを服用する必要もありません。出血が特になく、痛さを感じるようなこともなければ普通に過ごすことができます。ただし、体はあまり動かさずに安静に努める必要はあります。シャワーも浴びることができますが、股間を濡らさないように気を使う配慮が必要です。

包茎手術から3日間か4日間経つと、包帯を外せるタイミングになります。多少の出血が術後にあることが多く、皮膚に少し張り付くような感覚を覚える人もいます。多少の痛みを伴うこともありますが、包帯を外してしまえばなくなるのが通常です。

1週間も経つと幹部はだいぶ術前と比較しても遜色がない状態に戻り、お風呂に入ることができます。ただ、軟膏を塗るなどのケアは引き続き必要です。この辺りから、見た目の変化もよくわかるようになります。突っ張っていたような感覚もなくなり、包んでいた皮の量も明らかに減っていることが目視できるので、包茎手術が成功したことを実感できます。

もう少し時間が経てばさらに自然な見た目になり、皮が余っていた状態からキレイなフォルムに生まれ変わったような形です。術前と比較したときに、最もうれしい変化と言えます。

まとめ

包茎手術の術後には、様々なタイプの変化が訪れます。つっぱった感じや違和感などをしばらく体感する代わりに、無駄な皮がなくなった格好良い男性自身と自信を手に入れることが可能です。近年包茎手術では痛みに対するケアも進んでいて、恐怖や不安をさほど感じることもなく治療をすることができます。術後はしばらく安静にしたり、お風呂にも規制があったりしますが、メリットとデメリットを比較するとやはりやってよかったと感じる人がほとんどです。最低限必要な知識として頭に入れておけば、リスクや不安を最小限にすることができます。