通常より困難な包茎手術とは?難症例を比較

包皮をむくことができない場合の包茎手術の難しさ

包茎の状態には手で簡単に剥くことができる仮性包茎と、手ではむくことができない真性包茎やカントン包茎があります。仮性包茎の場合には基本的に包茎手術を行わなくても性行為に支障をきたす事はありませんが、真性包茎やカントン包茎の場合には手術を行わないと性行為を行うことができないばかりでなく、危険な状態になってしまうこともあるため注意をしなければなりません。

これらの場合には性行為ができないばかりではなく、様々な問題を引き起こすこともあります。通常の状態では特に問題はなくても、勃起時に十分に包皮が伸びることができないために亀頭を締め付けてしまい、場合によっては亀頭が壊死してしまう危険性があるのです。

これらの手術の難しさは、勃起時の大きさを予測することができないため、一般的な包茎手術に比較しその手術をどのように行えば良いか分からないと言う面があります。手術を行っても締め付け感が残ってしまったり、逆に緩くなってしまうといった問題を発生させることもあるのです。

カントン包茎には十分に注意が必要

カントン包茎とは真性包茎の状態で無理に亀頭を露出させようとして元に戻らなくなってしまった状態です。この場合には基本的には亀頭の下側で締め付けられてしまうため亀頭部分がうっ血し、包皮は膨れ上がった状態になってしまいます。

そのためこのような状態になったときには緊急に外科手術が必要となり、様々な問題を引き起こしてしまうことが少なくありません。通常の人は十分に余裕があるのですが、これに比較して狭いことが多いのです。

この場合の手術の一般的な包茎手術と比較して難しい点は、単純に包皮を切り取るだけではなく、勃起時に余裕を持って包皮をめくることができる状態にすることです。
さらに現在カントン包茎には至っていなくても、勃起時に締め付け感があると言う状態もあるため注意をすることが必要です。

特に平常時と勃起時の差が大きい人に多く、この場合にも十分に血流が軌道に行きわたらないためにうっ血し最終的には亀頭が壊死したりするので、十分に注意をしなければなりません。ただしこの場合の施術も単に切断をするだけではなく、包皮の十分な長さを確保することが必要となります。

まとめ

一般的な包茎手術と比較して難しい包茎手術は、単に包皮を切り取るだけでなくこれを加工しなければならないなどの手間がかかることが少なくありません。また平常時と比較しても記事の大きさが大きい場合にも注意をすることが必要です。包茎手術を行う際にはこのような検査をすることもあり、また自分の症状を正直に申告することが必要となります。包茎手術は勃起時に正常な状態とすることが重要であるため、その状態を十分に予測して行わなければない難しさがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です